「マヤ暦占星術で自分の素敵なところを確認しよう!」雪白怜

自分が大好きで、自信があって、「なりたい自分になればいいだけやん」と、サラリと言ったする自己肯定感のとびきり高い人も、もちろんいて、尊敬してしまうのだけれど。

自分の魅力をはっきりと自覚できていなかったり、スゴーイ才能を持っていて、うっすら気づいるのに自信がもててない、確信がないしで、自分の素晴らしいところをしまいっぱなしにしちゃっるんだな、なんてことが、ままあり。

そこのところを、マヤ暦占星術で自分の星を見てさぐっていくうちに、ハッ!と、気づいて、裏がとれたりするわけで、ヤッホーな実にありがたいことがおこります。

自信の持てない時などは、本当はとても美しい色や形のお花も、色が見えていない状態のようで、神さまがつくったそのままを感じられていない、ということなんだな。

33日間のサナギの期間を経て、羽化して飛び立ちはじめた蝶です。

サナギになってから毎日じーっと眺めて、まだかしらん?と、首を長ーくして、待っていたのです。あまりにゆっくりだろう、もしかしたら、、、と、思った次の日の朝!羽化ーって!歓声を上げてしまった私でございました。

良かったー!良かったー!ほんとにホッとしましたー。


これが8月14日のサナギさん。

んで、ついにー!

9月14日の朝に、羽化してました。

そして、ゆっくり、ゆっくり歩くの。ヨイショ、ヨイショって声が聴こえそうでした。

自分の羽の大きさに少し戸惑っているみたいで、ゆっくりとはばたいて空へ飛び立ちました。

しばらくひらひらと私の周りを飛んでみせてくれてから、フッと高く羽ばたき、少しあぶなっかしげに見えましたけど、パタパタ羽を一所懸命に動かして、高く高く飛んで行きました。

そして、お花を見つけて花と蝶の、絵を見せてくれました。と、いうわけ。

庭に花が咲いていて良かったな。

わたくしたちも見習って、自分の羽を大きく拡げて世界へ飛び立とう!はじめはゆっくり、慎重に、エイッ今だ!という時に、、思いきり飛んでみよう!

あなたの羽、あなたが自分で思っているよりけっこう大きくて、美しいのだった。

気づいたら、さあ、レッツラゴー!!

応援していますからねー!

       
          9月19日   涼しげな夕に   雪白怜

追伸 飛び立った後のサナギ、雪白舎の玄関に、また見に来て下さいね。 

追伸2  朝夕、涼しくなって良かったなぁ。涼しいっていいなぁ。空気温度調節機がなくとも快適にすごせるこの嬉しさ、有り難さなり。生きてて良かったーと思うほどに。ヤッホー!

そして、されば自分を愛そう!自分を愛していない人は、本当には人を愛せないんじゃないかしらん、ウーンと気づいた時、世界は宇宙はご先祖さまはあなたを全力で応援してくれていたんだってことにも、また気づきます!実にありがたいことでございます。

 秋のお彼岸のうち9月24日 伊勢のお山で蟲の聲を聴きながら 雪白怜でした。